TOPもっと知りたいANK療法>どんながんでも治療できるのか

ANK療法は、がんの部位は問いません。手術や放射線などの局所療法は、がんの部位がどこなのかが、決定的に重要な意味を持ちますが、ANK療法は全身療法ですので、全身のがんが治療対象になります。静脈に点滴で戻された培養細胞は、血流に乗って全身を巡りながら、腫瘍付近にくると血管壁を広げて外へ出て行きます。このような移動パターンは、免疫細胞が本来もっている性質ですので、静脈から戻して体内を高速移動させ、病巣に殺到させる、というのが理に適っています。

但し、NK細胞は、脳内には入りにくいと言われています。脳腫瘍であれ、他の部位のがんの脳転移であれ、脳内に病巣がある場合は、サイバーナイフなど、脳に傷がつくような局所療法を実施後、目安として半年以内にANK療法を実施することになっております。それ以上、期間を空けてしまうと、傷口が塞がるようです。実際に、ANK療法によって、脳転移巣が消失したケースがあります。

また、肉腫や、ATL(成人T細胞白血病)や多発性骨髄腫などの白血病といった、特殊ながんでも、治療実績があります。特に、血液にがん細胞が存在する場合、他の免疫細胞療法では、培養器の中で、がん細胞が増殖してしまい、治療不可になります。培養中に、実際にがん細胞を殺せるのはANK療法だけの特徴です。(樹状細胞療法が白血病の治療として、実験的に実施されることもありますが、がん細胞を殺せないため、物理的な方法でがん細胞を取り除きます。)但し、血液中のがん細胞の数が異常に多い場合は、薬物療法などで、がん細胞の数を減らしてからでないと、治療不可となります。

はじめのページに戻る >

ANK療法の治療設計は、他の免疫(細胞)療法とは大きく異なります。
先ずは、資料請求もしくは、下記へご連絡ください。

◆お問い合わせ受付時間
平日 9:30〜16:30
上記時間外は留守番電話にて承ります。

ANK療法は医療行為ですので、治療をお申込いただくには、必ず、ANK療法を実施可能な医療機関にて、ご面談をいただく必要がございます。ANK療法担当医とのご面談は、早ければ早いほど、治療の選択肢が多くなります。

このサイトでは、免疫細胞療法の考え方、ANK療法の原理、標準治療や他の免疫細胞療法との違い、などを説明させていただいております。ANK療法を受けようとお考えの方で、「具体的に、どうすればいいのか」をお知りになりたい方は、ANK免疫細胞療法・治療の流れをご覧ください。