強い免疫刺激を加えた健康な人の血液から、どんながん細胞を投入しても出会ったその場で攻撃し、正常細胞は傷つけない免疫細胞がみつかり、「生まれながらの殺し屋」ナチュラルキラー(NK)細胞と名付けられました。

「がんを狙い撃ちするNK細胞をがん治療に使う。」シンプルな発想に基づき、米国国立衛生研究所NIHは、大規模臨床試験により免疫細胞療法の有効性を証明し、また問題点や超えるべきハードルも明確にしました。

京都大学の研究者二人が、NIHが成し得なかったNK細胞の「活性化と選択的増殖(NK細胞だけを増殖させる)」培養技術を実際にがん治療に使えるレベルで実現し、活性化と増殖の両方の意味を込めてA(Amplified = 増強された)NK自己リンパ球免疫療法(ANK療法)と名付けました。

ANK療法の治療設計は、他の免疫(細胞)療法とは大きく異なります。
先ずは、 資料請求もしくは、下記へご連絡ください。

(携帯からも可)

◆お問い合わせ受付時間
平日 9:30~16:30
上記時間外は留守番電話にて承ります。

ANK療法は医療行為ですので、治療をお申込いただくには、必ず、ANK療法を実施可能な医療機関にて、ご面談をいただく必要がございます。ANK療法担当医とのご面談は、早ければ早いほど、治療の選択肢が多くなります。

このサイトでは、免疫細胞療法の考え方、ANK療法の原理、標準治療や他の免疫細胞療法との違い、などを説明させていただいております。ANK療法を受けようとお考えの方で、「具体的に、どうすればいいのか」をお知りになりたい方は、ANK免疫細胞療法・治療の流れをご覧ください。