TOPもっと知りたいANK療法>抗がん剤治療中でも治療できるのか

直ちに、ANK療法の医師と相談してください。抗がん剤治療中の場合、治療を続ければ続けるほど、免疫細胞は傷ついてきます。ですので、速やかにANK療法の医師に相談し、可能な限り、早いタイミングで、リンパ球を採取して、培養を始めることが望ましいのです。抗がん剤治療には、必ず、「休薬期間」という薬の投与をお休みする期間があります。ここを利用して、リンパ球を採取するのです。3クール目の抗がん剤治療中なら、4クール目の抗がん剤投与が始まる少し前に、リンパ球を採取することを考えます。

リンパ球採取後、2〜3週間の培養期間が必要です。培養が仕上がったら、抗がん剤の休薬期間を利用して、通常の半分の細胞数のANK療法の点滴を、休薬期間中に一回だけ、あるいは2〜3回だけ、実施することもあります。あるいは、抗がん剤の効果がなくなってきたと判断して、抗がん剤投与を中止してから、一気に、標準量の細胞を、週二回のペースで投与することもあります。治療のパターンはいくつかありますが、何よりも、少しでも早い段階で、リンパ球を採取することが大事です。

なお、抗がん剤投与と同時にANK療法の点滴を行うことは原則ありません。折角のANK細胞が、抗がん剤によって傷つけられる、ということと、抗がん剤投与によって、異常化した正常細胞を、ANK細胞が攻撃する可能性があるからです。

治療効果はどれだけあるのか >

ANK療法の治療設計は、他の免疫(細胞)療法とは大きく異なります。
先ずは、資料請求もしくは、下記へご連絡ください。

◆お問い合わせ受付時間
平日 9:30〜16:30
上記時間外は留守番電話にて承ります。

ANK療法は医療行為ですので、治療をお申込いただくには、必ず、ANK療法を実施可能な医療機関にて、ご面談をいただく必要がございます。ANK療法担当医とのご面談は、早ければ早いほど、治療の選択肢が多くなります。

このサイトでは、免疫細胞療法の考え方、ANK療法の原理、標準治療や他の免疫細胞療法との違い、などを説明させていただいております。ANK療法を受けようとお考えの方で、「具体的に、どうすればいいのか」をお知りになりたい方は、ANK免疫細胞療法・治療の流れをご覧ください。