TOP免疫療法の整理>樹状細胞療法

樹状細胞は、細菌やウイルスの異常増殖を認識すると、細菌やウイルス感染細胞を攻撃する他の免疫細胞に出動を促すことが知られており、一連の研究に対し、2011年には、ノーベル医学生理学賞も授与されました。
樹状細胞は、容易に培養できることもあり、多くの研究者が、研究材料として選ぶようになりました。

樹状細胞は、感染症防御の指令塔です。がん細胞には、あまり反応しません。

樹状細胞は、細菌やウイルスが特徴的にもつ共通構造を認識するセンサー(TLR群)を多種多数、発現していますが、がん細胞を認識するセンサーは、見つかっていません。

感染症免疫においては、樹状細胞は、ウイルス感染細胞を傷害するCTL(T細胞の一種)を誘導することが確認されています。実際に、誘導されたCTLがウイルス感染細胞を傷害することが確認されています。そこで、樹状細胞が、がん細胞を傷害するCTLを誘導しないのか、盛んに研究されてきましたが、これまでのところ、実際に、がん細胞を傷害するCTLの誘導は確認できません。

がん細胞と樹状細胞を一緒に培養し、その樹状細胞をT細胞と一緒に培養しても、がん細胞を傷害するCTLは増えてきません。がん細胞をすり潰してみても同じことです。

免疫細胞の大まかな役割は以下の通りになります。

この表には出ていない、マクロファージなど、他の白血球も、細菌やウイルスには反応しますが、がん細胞にはあまり反応しません。

【まとめ】
元々がんを認識攻撃するのが本職のNK細胞を、そのまま素直にがん治療に用いることは、自然の摂理にかなっていると考えます。一方、本来がん細胞を攻撃することには関係が薄い樹状細胞を、がん治療に応用するのは、越えるべきハードルの次元がまるで異なります。