TOP樹状細胞について>適切な標的がん細胞を入手できれば、樹状細胞は必要ない

樹状細胞は、感染防御において、T細胞やB細胞を誘導します。この性質を、がん治療に利用できないか、と考えられたわけです。最近の研究から、樹状細胞が積極的に誘導するキラーT細胞や、B細胞は、最初から菌やウイルスの共通構造という特定の標的を狙うものであることが明らかになってきています。つまり、攻撃する標的は予め決まっているのです。がん細胞という樹状細胞が本来、認識できない標的について、キラーT細胞を誘導させるのは、かなり無理があります。

また、十分な数のキラーT細胞を、患者体内から取り出された標的がん細胞と一緒に培養することで、標的がん細胞と同じ性質をもつがん細胞を攻撃するCTLに変化させることができます。わざわざ、樹状細胞を使わなくても、標的がん細胞を入手できれば、CTLはつくれるわけです。

では、標的がん細胞と、樹状細胞を一緒に培養したあと、「標的を覚えた?」樹状細胞とキラーT細胞を一緒に培養すると、どうなるでしょうか。何も起こりません樹状細胞が、キラーT細胞を教育して、実際に、がん細胞を傷害する本物のCTLに誘導できることは実証されていないのです。(最近では、ガンマインターフェロンを放出した、とか、免疫刺激に対して、キラーT細胞が、多少なりとも反応を示せば、実際に、がん細胞を攻撃することを確認せずに、CTL化した、という言い方をする研究者がいます。ですが、がん治療に用いるには、本当にがん細胞を攻撃することを、確認する必要があります。)