TOP>がんワクチン

がんワクチンに関するお問い合わせをいただくことがあります。
ワクチンというのは、感染症を予防する目的で使用されるものです。
感染症であっても、ワクチンで「治療」することはできません

ましてや、ワクチンで、がんを治療するのは原理的に無理があります。
インフルエンザに感染した後から、インフルエンザワクチンを打つ人はいないように、がんという病気にかかってから、治療目的でワクチンを打つのは、相当、無理があります。

「ANK療法」は、「がん細胞を殺すのが得意なNK細胞が、患者さんの体内では眠っているので、体の外で、叩き起こし、数も増やして、がん細胞を攻撃する状態にしてから、体内に戻すもの」です。

非常にシンプルで明快です。

では、「がんワクチン」はどうなのか、というと、非常に「話」が長く、そのほとんどが、「それは無理でしょう」という問題を抱えています。

「がん」という言葉は誰でも知っています。
「がんと免疫」には、密接な関係があることは、知られるようになってきました。

では、「免疫の力で、がん治療」となるのですが、「免疫」といえば、「ワクチン」のイメージが強く、「がん」という言葉と「ワクチン」という言葉をつなげておけば、一般受けがいい、そのあたりが、「がんワクチン」の実態でしょう。

がん細胞を殺し、強い免疫刺激によって進行がんの根治を目指すANK療法と、延命やQOL改善を目指す一般の免疫細胞療法や、がんワクチンはそもそも目的とするところが異なります。

免疫細胞療法が医療行為であることに対し、がんワクチンは工場での量産が可能な「医薬品」であるため、健康保険の適用を申請する仕組みが整備されています。それ故に、大学で日々研究が進められています。

「ワクチン」という名前に馴染みがあるため、様々な免疫系治療に「ワクチン」という名称が使われているのが実態です。

有名な「がんワクチン」とされるものとして、「丸山ワクチン」や、「子宮頸がんワクチン」、あるいは、樹状細胞療法として報道された「プロベンジ」などがありますが、これらは、「がんに対するワクチン」ではありません。

丸山ワクチンは、結核菌による感染症の一種を予防する目的で開発されたため、通称として、「ワクチン」という名称がついていますが、がん治療に関しては、「免疫刺激物質」として応用が考えられたものです。極めて安全ですが、それだけ免疫刺激も弱く、進行がんを抑えるような顕著な効果は見られません。

子宮頸がんワクチンという言葉は、よく耳にしますが、実態は、「パピローマウイルス」というウイルスの感染予防を目的として開発されたワクチンです。子宮頸がんは、パピローマウイルスに感染しなくても発症しますが、多くの患者さんが、パピローマウイルスへの感染が長期間持続した病歴を持っておられる傾向があります。
そこで、10代の内に、パピローマウイルス感染を予防しておけば、30代や40代になっていく際に、子宮頸がん発症の可能性が下がるのではないか、という想定に基くものです。実際に「子宮頸がん」を予防する効果があるかどうかは、検証されていません。
当然、パピローマウイルス感染後に、「子宮頸がんワクチン」を接種する意味はありません(あるとする意見もあります)。
いずれにせよ、「子宮頸がんワクチン」はがんの治療には使われません。
また、子宮頸がんワクチンは、正式なワクチン(感染症予防を目的とする本来のワクチン)ですから、健康保険は適用されません。
(ワクチンは健康保険適用にはなりません。)
接種は個人個人の自主的な判断に委ねられる任意接種からスタートしましたので、国の助成金も交付されず、一部、自治体が独自の判断によって、接種費用を補助する助成金を交付していましたが、その後、法改正もあり、国の助成金も交付されるようになりました。
なお、接種が「推奨」されていたのが、副作用を理由に「推奨」を「一時的に見直し」となりました。やはりワクチンですので、免疫系の反応を誘導する目的で、「コーリーの毒」(ワクチンの場合、アジュバントといいます)を添加してあります。菌体から抽出した毒素を混ぜることで、強く免疫を刺激するのです。結果的に、副作用を生じる人がでることは避けられません。

「プロベンジ」というのは、がん治療に用いられる「免疫細胞療法」です。
これは、ワクチンではありません。また、一般に、「樹状細胞療法」とされていますが、内容物は、樹状細胞、NK細胞、T細胞を概ね均等に混ぜたものです。さらに、免疫刺激物質を含んでおりますので、どの成分が、どれだけ効力を発揮するのかはわかりません。「プロベンジ」は、樹状細胞療法として開発が始まりましたが、他の治験と同様、樹状細胞単独投与では効果が見られませんでした。そこで、NK細胞等を混ぜ、前立腺がんの全摘出手術後、かつ、通常は有効なホルモン療法が奏効しないという、非常に特殊なタイプのがんを対象に、4ケ月ほどの延命効果を示し、米国政府から承認を取得しました。実態は、NK細胞療法のように見えますが、日本では、「がんワクチン」として報道されることがあり、がんワクチンが、米国政府の承認を取得している、という誤解を与えることがあります。

つまり、有名な「がんワクチン」は、いずれも、「がんに対するワクチン」ではないのです。

  1. がんに対する免疫(腫瘍免疫)と、感染症に対する免疫は仕組みが異なります。
  2. 免疫細胞療法と、がんワクチンの違い
  3. がんワクチンが空振りしてきた理由〜体内の「強い免疫抑制」〜
  4. がんワクチンが超えられない壁〜がん抗原、いまだ見つからず〜
  5. 体内にあるがん細胞の情報=がん抗原に、なぜ免疫は反応しないのか
  6. 活性を高めたNK細胞はがん細胞を見逃さない