TOP免疫はがん治療の主役>免疫療法のジレンマ 「コーリーの毒」

19 世紀の終わり、Coley 氏が、がん患者を、溶血性連鎖球菌(溶連菌)に強制感染させるという、かなり乱暴ながん治療を試みました。感染症にかかると、がんが治る患者がいることは従来から知られていたからです。そこで、毒性の強い菌を感染させれば、免疫が刺激され、結果的に、活性化された免疫システムががんを殺すと考えたのです。実際に、がん治療としての効果が出たケースもあったそうですが、当然ながら、感染症で亡くなる方が続出しました。

この治療は、もちろん、中止されましたが、「免疫を強く刺激すれば、がんを叩ける」という、がん治療の重要な方向性を示しました。今日でも、「コーリーの毒」という名前で知られており、免疫学においては、「ウィリアム・B・コーリー賞」というものが、今なお存在します。

更に、「免疫療法でがんを攻撃するのに、がん特有の抗原は必要ではない」ことも示しました。
また、「がんを殺せる程、免疫を強く刺激するものは、そもそも生命にとって危険なもの」、つまり、がんを殺す効果を上げるには、危険なものを投与しないと駄目(逆に、安全なものを使うと、効果も期待できない)、という、免疫療法が抱えるジレンマを端的に示す事件でもありました。患者さんの体内に、菌でも毒でも、何か免疫刺激物を投与する方法を取る限り、効果と安全性のジレンマから逃れられないという、体内投与の限界が、19 世紀末、既に示されていたのです。