TOP免疫療法の整理>CTL療法

NK細胞以外にも、がん細胞を攻撃するものとしてCTL細胞があります。
CTL療法は、獲得免疫を用いる免疫細胞療法の中では最強のものです。

本来、がん治療に用いるものの場合、実際に、がん細胞を攻撃することを確認したものをCTL細胞と呼びます。最近では、単に人工ペプチドなどの特定抗原物質を投与した際に、インターフェロンなどを放出する等、何らかの反応をすれば、それだけで、CTLと呼ぶ風潮が蔓延しております。実際に、がん細胞を傷害することを確認していないのですから、大きな問題です。

血液から採りだしたT細胞の中で、がん細胞を攻撃するものはごく僅かに過ぎません。漠然とT細胞を活性化させる、あるいは、増殖させる、という手法では、ほぼ戦力になりません。T細胞を、がん治療に用いるためには、患者さんご本人の体内から取り出された「生きているがん細胞集団」を標的として、絶えず刺激をしながら、患者さん体内にいたがん細胞と「型が合う」ものだけを選択的に(型が合わないT細胞をあまり増やさずに)、そして大量に増殖させる必要があります。NK細胞は生まれながらに、どんながん細胞でも攻撃する能力をもっていますが、T細胞は、がん細胞を攻撃するために生まれたのではないのです。

なお、CTL作成に用いるキラーT細胞は、ナイーブといいますが、血液中から取り出したばかりの、まだ若い段階のものである必要があります。大事な「青春期」に、標的が存在しない状態で数を増やしてしまうと、もう標的がん細胞を狙うCTL集団を育成することはできなくなってしまいます。

CTLはNK細胞と違ってがん退治を本職としているのではありません。
したがって、CTLはがん細胞を認識しているわけではありません。
1つ1つのCTLは各々の数百億種類もある認識番号の「鍵」を1つずつ持っています。そして標的細胞の中には同じ鍵の「鍵穴」を持つものがいます。CTLは、自分の持つ鍵と型が合う鍵穴を持つ標的細胞に対して攻撃をかけるのです。
CTLはたまたま目の前にいるがん細胞が、自分の担当認識番号を持っていれば襲います。
相手が正常細胞であっても、かまわず襲います。

CTLにはがん細胞と正常細胞を区別する能力はありません。
たまたま型が合えば、どんな相手でも無差別に攻撃します。

標的とするがん細胞を攻撃するためには、CTLの認識番号を一致させなければなりません。
標的と型が合うT細胞(=CTL)
CTLはひとつの型しか認識しません。

個々のCTLは型が合う標的だけを攻撃します

標的とするがん細胞は、患者体内から取り出す必要があります。手術で取り出されたものの他、バイオプシーのサンプル、胸水や腹水を抜いた液にがん細胞が含まれている場合など、いくつか標的採取法があります。

標的がん細胞を実際に傷害するCTL細胞を選択的に大量増殖させるには、何よりも適切な標的を取得することが重要です。理想的には、生きたがん細胞をキラーT細胞と一緒に培養するのがベストです。死んだがん細胞や、標本化されたがん細胞、など、死後変性すればするほど標的としての効果が落ちる可能性があります。

また、がん細胞の一部を抽出したもの、すり潰したもの、特にペプチドの断片など、細胞全体ではなく、部分的な構成物質のみを標的とするとほとんど効果が期待できません。ましてや、患者本人から取り出したのではない研究用の培養がん細胞や合成ペプチドなどを使用すると、実際に、生きている標的がん細胞を傷害するCTLを作成することはできません。

現実には、生きたがん細胞を用いてCTLを作成できる方は限られています。手術を受ける前にANK療法を申し込まれ、かつ、手術担当医師から検体提供の了解を得ていることが必須となります。

手術後、化学療法を受けたものの、腫瘍マーカーの値が大きくなってきたのでANK療法を受けることにした、こういう場合、標本として固定(もう死んでいます)された腫瘍組織しか入手できません。固定された標本を標的とする場合、腫瘍組織に集まってきたキラーT細胞を選択的に増殖させた、としか申し上げられません。既に、死んでいるがん細胞を、攻撃するのかどうか、確認のしようがないからです。T細胞は、体内の炎症部位や異物などに、意味もなく集まる傾向があります。腫瘍組織に集まったからといって、必ずしも攻撃をかけないことはよく知られている現象です。以前、TIL療法(TIL:腫瘍浸潤T細胞、腫瘍組織に食い込んでいきます)こそ、がん治療の本命と騒がれた時期がありましたが、実際には、腫瘍に入り込むだけで、がん細胞を傷害しないことが明らかになり、最近では、殆ど実施されなくなっています。

キラーT細胞はT細胞の中でもごく一部を占めるに過ぎません。更に、各々のキラーT細胞は、一種類の標的しか認識しないと言われています。たまたま患者体内のがん細胞を標的とするキラーT細胞は、ほんのわずかしか存在しないのです。そこで、CTL作成にあたっては、血液採取(全血)では十分な数のキラーT細胞を確保できる保証がなく、リンパ球分離採取により、大量のリンパ球(T細胞を含みます)を取得することを前提にしております。

個々のCTLは、ごく限られた一部の標的細胞しか攻撃しません。ところが体内に必ず標的と同じ性質のがん細胞が存在する保証はありません。その場合、空振りとなってしまいます。標的の性質がCTL作成過程で変性する可能性もあります。

同じ腫瘍組織内でも標的と異なるがん細胞が存在する可能性があります。また、転移や再発の場合は特にそうですが、増殖過程でがん細胞が抗原性を変化させることは十分ありえます。このような場合、CTLは認識できなくなります。

がんは転移すると
目印(性質)が変化します

個々のCTLは認識番号が一致した標的だけを攻撃するため、「3」「4」は攻撃できません。

攻撃されないがん細胞は増殖を繰り返します。

現実のがん治療に使えるのは、あくまで、がん細胞を本当に攻撃するものに限ります。こうしたオーソドックスなCTLを通常メニューとして治療用に提供しているのは、国内では、ANK療法を実施している医療機関だけ(?)のようです。