TOPがんの進行と標準治療>飛び散るがんを制圧しきれない標準治療

危険ながん(活発に遠隔転移するがん)は、「全身性」の疾患
局所療法(外科、放射線、重粒子など)で、全身性疾患の根治は無理

悪性度の高い、遠隔転移をする勢いの強いがんの場合は、全身性の疾患と捉えるべきであり、局所療法だけで制圧するのは無理があります。ところが、外科手術や放射線(エックス線)、あるいは最新の重粒子線や陽子線など、いずれも、局所療法です。

活発に遠隔転移するタイプのがんが、画像診断などで、がんと診断される程、大きく成長していれば、その時点で既に転移が成立している可能性が高いと考えられます。手術により免疫力が低下すると、転移している病巣が成長速度を早め、結果的に患者さんが早く亡くなることを恐れる外科医もいらっしゃいます。
また、手術で大きな傷を負うと、失われた細胞を補うため、大量の細胞成長因子(増殖因子)が分泌され、周辺組織の正常細胞に細胞分裂を促します。ところが、悪性度の高いがん細胞は、細胞成長因子を受け取るレセプターを異常に大量発現しており、この物質のシャワーを浴びると猛烈と増殖する、と考えられます。従い、増殖能力の高いがん細胞が存在する場合、体に傷を負うことは危険なことと考えられます。

一方、放射線療法や、化学療法剤(抗がん剤の中で代表的なもの)は、がん細胞と正常細胞を区別することなく、増殖(細胞分裂)中の細胞の遺伝子にダメージを与えます。ところが、がん細胞のすべてが同時に細胞分裂していることはありません。必ず、生き残るがん細胞がいます。また、免疫細胞を始め、多くの正常細胞が、がん細胞より増殖が活発で、がんよりも先に打撃を受けてしまいます。放射線療法や化学療法を際限なく続けると、患者さんのある種の正常細胞が先に壊滅し、患者さんは生命維持さえ困難となります。
また、放射線や化学療法は発がん作用もあり、正常細胞が、がん化します。そのため、放射線療法においては、予め、治療で浴びせる合計線量に制限を設け、所定量以上に放射線を浴びせることはありません。

化学療法の場合、MDR(多剤耐性)と呼ばれる薬剤耐性が出現し、薬が効かなくなる時がきます。別の薬に代えても副作用が増えるだけで、効果は落ち続けます。やがて患者さんの体力、生命力が耐えられなくなり、投与を続けられなくなります。一部の白血病を除き、進行がんの場合、化学療法は延命を目的に実施されるものであり、治癒は最初から想定されていません。また、健康保険適用条件として定められた標準投与量を杓子定規に守るよりも、投与量を減らす、または投与間隔を空ける「休眠療法」を適用した方が、患者さんの生存期間が延びることが知られており、民間企業のアンケート調査によりますと、化学療法を実施する医師の7割が、休眠療法を実施していると回答しています。

がん細胞が、中枢神経など生命維持にとって致命的な部位へ浸潤するか、全身にがん細胞が飛び散り、がん細胞の総量が膨大になったりしない限り、腫瘍組織そのものの存在が原因で命を落とすことは稀です。例えば、肝臓の8割近くが腫瘍に侵されても、まだその時点で、自覚症状さえないこともあります。ところが、標準治療を限界まで受けられた方は、生命機能が限界を超えて低下します。結果的に消化吸収機能が低下する、心肺機能や腎機能、肝機能が不全状態となる、極度の貧血、血液が固まらない、白血球が極端に減少し、感染症に弱くなる、体液の循環が滞り、胸水や腹水が溜まる、気持ちが後ろ向きで鬱状態になり、睡眠障害や耐え難い疼痛に襲われる・・・。基本的な生命機能が尽く打撃を受け、また多くの患者さんにおいて、全身の体液がドロドロになる悪液質になるなどして、最後の時を迎えます。がんそのものではなく、標準治療の副作用による合併症が命取りとなります。 

また、放射線や化学療法は、後述する「がん幹細胞」=がんの親玉を叩くのが苦手です。むしろ、中途半端に傷をつけるため、かえって活発な転移を促進すると指摘されています。

結局、標準治療では、遠隔転移するタイプのがんには、お手上げ、という状況です。

最近では、化学療法の末路が如何に悲惨なことになるのか、その実態がネット上で流れたり、TVで著名人が語ったり、一般の方にも少しずつ事実が伝わりつつあります。一方、標準治療は絶対、駄目なんだ、と決めてかかる方に、ANK療法担当医師が、手術、放射線、化学療法などとの併用を薦めると、大変、驚かれたり、不信感を持たれることもあります。標準治療の初期の打撃力は大きいものがあります。一方、ダラダラ続けると合併症ばかりが悪化していきます。標準治療の強みと弱点を整理して、要は使い方の問題、使えるものは使う、という柔軟な発想が大切かと存じます。