TOPがんの進行と標準治療>日本はがん死亡率が上昇を続ける「異常な」国

日本では、がんで亡くなる方は増え続け、国民の3人に1人、男性に限れば2人に1人が、がんで亡くなるといわれます。米国ではここ数年、がん患者の死亡率が下がる傾向にあります。先進国中、日本は異常に、がん死亡率が高い国となり、今も下がる傾向が見られません。と、言われています。(日本の統計は精度が低く、患者数は推定に過ぎません。)

国民健康保険が適用になる、がんの標準治療として、三大療法があります。外科手術、放射線療法、及び、化学療法を中心とする抗がん剤の投与です。

一時は、「早期発見、早期治療で、がんは治る」と言われた時期もありました。後に、「しかし、再発、遠隔転移が問題」とされるようになります。一口に、がんと言っても、発生部位に留まる「限局性」ものもあれば、全身に転移していく悪性度が高いものもあります。

国立がんセンターの発生部位別の統計で、5年生存率をみますと(がん患者登録制を奨励している大阪など、六府県の統計です)、

  限局タイプ 遠隔転移を伴うタイプ
胃がん 94.6% 3.1%
結腸がん 96.8% 8.0%
直腸がん 92.9% 8.2%
肝臓がん 29.5% 3.7%
肺がん 65.5% 2.4%
乳がん 97.9% 26.4%
子宮がん 93.2% 14.1%

部位にもよりますが、概ね、「転移しないタイプのがんで亡くなる方はごく一部」、一方、「遠隔転移を伴うがんの場合は、殆どの方が亡くなってしまう」ということになります。
がんは変化し易く、限局タイプが活発に転移するタイプに変わる可能性もあります。
また、そもそも5年生存率というのは、途中で何があったかを問いません。どんな治療を受けたかは考慮せず、交通事故で亡くなられた場合も、死亡とカウントしています。
10年生存率とした場合、どうなるのか、など、議論はつきません。
それでも、ここまで顕著に差が出ていますので、がんの性質を考える上で、部位よりも何よりも、如何に、「転移性向」が重要かを示しています。

がん治療は外科医が主導してきました。がんを免疫低下による全身性疾患とは捉えず、あくまで、体の一部の病変と捉えたのです。目の前の見える部分を除去すればいい、という考え方を土台に、がん治療は外科が主役となりました。手術の手技の問題から、がんの分類は、まず発生部位がどこか、が問われます。一般の方の場合、「私は肺がん」のように腫瘍組織がみつかった部位をおっしゃる方が多いです。医師の場合は、「乳がんを原発性とする肺転移」のように、原発性なのか、転移なのかを、強く意識しています。腺がん、なのか、扁平上皮なのか、胃がんであればスキルス性かどうか、といった組織の性質を表す分類もよく使われます。

また、多くの方が意識される分類に「ステージ」があります。単純に腫瘍が大きくなれば、ステージが1から4へと大きくなる、というものではなく、正常組織のどの領域まで浸潤しているか、など、腫瘍組織の「広がり具合」を基本に、概ね、部位毎に定義が決められています。もちろん、浸潤度が高いということは危険度が高いことを意味しますが、ステージによる分類もまた、外科手術の手技の問題と密接に関連があります。

免疫細胞療法に関心をもたれる医師は、外科の先生が多いのです。なぜ免疫細胞療法に興味をもたれたのですか?と、お尋ねすると、同じようなお答えがかえってきます。「手術をすれば病理検査に標本を廻すまでもなく、この患者さんは大丈夫、この患者さんは、また戻ってくるな、と、分かるんです。見れば分かるんです。そして、実際、再発して戻ってくると、もう手がない。自分が手術した患者さんが再発して戻ってきたとき、あの時ばかりは、ほんとにやるせないのです。なんとかならないのか、と、免疫細胞療法に可能性を求めるのです。」