TOP免疫療法の整理>免疫細胞療法の違い

がん免疫細胞療法は米国政府研究機関NIHが開発したLAK療法が原点です。これは、がん治療の本命NK細胞を患者体外に取り出し、高濃度インターロイキン2による刺激を加え高度に活性化するものです。しかし、NK細胞は増殖すると活性が下がるため大量のNK細胞を採取する、具体的には3日間かけてNK細胞を含むリンパ球集団を血液から取り出すことで細胞数を確保しました。そして、NK細胞が本格的に増殖を始める前に体内に戻しました。

ANK療法は米国法が抱えたジレンマ即ち、「NK細胞は活性を上げないと役に立たない」ところが、「増殖させると活性が下がる」、この壁を正面から乗り越え世界中の研究者が挑戦してなし得なかった「活性と増殖を同時に成立させる※」培養技術が用いられています。
※高度に活性化されたNK細胞を選択的に増殖させる、つまり、NK細胞以外の細胞を除去するのではなく、常にNK細胞に最適化された微妙な培養環境の調整によりNK細胞だけが活発に増殖します。

研究レベルでは様々な手法が存在しますが、実際にがん治療として国内で実施されている免疫細胞療法は、ほとんどが以下の3つのうちのどれかです。

  • 1. ANK療法
  • 2. 樹状細胞療法
  • 3. 一般法 (ブランド名は様々でも、培養された細胞はほぼ同じものと考えられます)

採血量の違いと免疫反応

  1.ANK療法 3.一般法
採血量 5,000~8,000mlからリンパ球を分離採取 20~50mlの血液を採取
NK細胞数 1クールとして、100億個前後が目標 1回の点滴に数百万個
免 疫 反 応 40度前後の発熱など、明確な免疫反応 特になし。あっても微熱程度

樹状細胞は感染症が発生しやすい部位に張り付いており血液の中にはほとんどいません。樹状細胞療法を実施する際にはANK療法と同様の装置を用い、数リットルの血液から単球を分離し、薬剤刺激で樹状細胞に変化させてから体内に戻します。体内で自然に成熟した樹状細胞と人工的に体外で加工された樹状細胞が同じものかはわかりません。

なお一般法の場合は注射器などで20~50ml程度の採血、2週間ほど血液バッグ中に静置して培養。決まった日に来院された患者さんに点滴で戻し、若干の微熱を除いて特に免疫反応がない、というものです。一般法ではT細胞が爆発的に増殖し1回の点滴あたり数十億から100億個レベルのT細胞を含みます。薬剤投与や抗体を用いた前処理など若干のバリエーションがありますが大量のT細胞と僅かのNK細胞という基本は同じでブランド名としてはNK細胞療法やT細胞系の名称、あるいは名称だけではどの細胞を用いているのかわからないものなど様々です。

がん治療ですから、まず、がん細胞を傷害する能力が圧倒的に高いNK細胞を用いるのが基本です。他の免疫細胞の大半はがん細胞を殺せません。若干、がん細胞を攻撃するものもいますが攻撃力が弱くNK細胞の比ではありません。次に、活性の高いNK細胞の数をそろえなければ焼石に水となります。活性の高いNK細胞は免疫抑制が強い患者さんの体内に入るとインターフェロンをはじめとする大量の免疫刺激物質群を放出します。これらは、ほとんどが発熱作用をもつため免疫刺激がかかると発熱は必発です。ただし、活性が高くても投入する細胞数が少ないと発熱などの免疫反応は見られません。

がん免疫の主役であるNK細胞を用い、点滴後に発熱などの明確な免疫反応を伴うだけのNK細胞の戦力(活性の高いNK細胞を、大量に)を揃える、ということが免疫細胞療法を行う際に、クリアすべき基本条件となります。

初期のがんは、ゆっくりとしか進行しないように見えますが、進行がんは勢いをつければつけるほど加速をつけあっという間に進行します。ANK療法は進行がんを相手に打ち克ち、完治を目指すために開発されました。実際の進行がんとの闘いは甘いものではなく手ぬるい治療では歯が立ちません。

ANK療法では点滴12回分を1クールとし、1クールか半クールをまとめて培養し凍結保管します。凍結された細胞は標準治療の日程などを考慮し、医師が最適と考える任意の時期に治療に使えるようにします。治療の予定日の1週間前から凍結保管された培養細胞を時間をかけてゆっくり融解し、凍結によって活性が下がってしまった細胞を再培養し活性を回復させてから指定の治療日に指定の治療施設へ届けられます。もし、点滴の日に体調が悪いなど治療が難しいと考えられた場合は、無菌状態が破られていない限り培養センターに戻してもらえば、再培養し新たに決められた治療日に届けられます。

ANK療法では可能な限り早いタイミングで大量の培養細胞を確保し、標準治療による免疫細胞へのダメージをできる限り回避した培養を目指します。そして、標準治療でがん細胞の数を減らしてから一気に培養細胞を集中投入することで残存がん細胞のせん滅を狙うのが基本です。
実際には、基本通り治療をできないケースも多いのですが、どのような場合であっても早めに培養細胞を確保、任意の時期に投与。中止の場合は改めて治療日程を組むことが可能というのは大きなメリットになります。

一般法では点滴1回分を採血し、所定の培養期間(通常は2週間)後に来院された患者さんに点滴を実施し、来院されなかった場合は培養細胞は破棄されることが多いようです。点滴の頻度も月に1~2回が多いようです。

ANK療法の場合は大量の培養細胞を短期間に集中的に投与することで(標準パターンの場合は、月に8~9回の点滴)、がんが勢いをつけていく前に畳みかけることを狙い、勢いをつけている場合も押し切られないように少しでも早く培養細胞を体内に戻していくことが考慮されます。 なお、実際の治療パターンはがんの進行度合いや、体力、患者様のご都合やご意向などにより点滴の際の細胞数を減らして回数を増やす、点滴の間隔をあける、仕事のスケジュールに合わせて、点滴のパターンを調整する、など、様々に対応可能です。具体的にどうするかは医師と患者様の話し合いによる合意形成によって進められます。