TOP免疫療法の整理>がんを殺傷する免疫細胞

漠然と「免疫」といっても、がん細胞を攻撃する免疫細胞は、ごく一部です。ほとんどの免疫細胞は、がん細胞を傷害する能力をもっておらず、感染症と闘うものなど、役割が異なります。
免疫細胞療法の違いを整理する際、まず、どの免疫細胞を用いるのかが重要です。

免疫細胞は、自然免疫と獲得免疫に大きく分かれます。
自然免疫は、生まれながらに、どの標的を排除するかが決まっています。がん細胞は、いずれは発生するものですから、私たちの体の中には、がん細胞を狙い撃ちする細胞が、予め備わっており、がん細胞を見つけ次第、傷害します。NK細胞は典型的な自然免疫に属する細胞です。

獲得免疫は、自然免疫を補助するもので、主に感染症に対する備えです。細菌やウイルスが異常増殖すると、がん細胞の増殖速度とは桁違いの勢いで、あっという間に数が増えてしまいます。そのため、T細胞やB細胞が存在し、異常増殖した特定の病原体に反応するT細胞やB細胞が大量に増殖し、反撃する仕組みになっています。

相手が、がん細胞の場合は、本人の細胞ですから、これを本人の正常細胞と見分けるには、複雑で精緻な認識システムが必要となり、これを備えるのはNK細胞だけです。一方、感染症の場合、相手は外敵ですから、明確な標的物質、目印となる特異物質が存在し(人間の細胞にはなく、標的だけにあるもの)、NK細胞より、もっとシンプルな、T細胞やB細胞がもつ認識システムでも識別可能です。

初めて、ある外敵が侵入した場合は、その特定の外敵を担当する特定のT細胞やB細胞の数が少なく、対応が遅れます。やがて、担当細胞が増殖してくると、反撃の戦力が整います。そして、次に同じ外敵が侵入してきても、最初からある程度、戦力が揃っていますから、今度は、感染症になる前に、排除できます。こうした、一度、やられた相手に備える能力を獲得するものを、獲得免疫とよびます。

樹状細胞は、ウイルスや細菌を認識するセンサーを多種大量に備え、感染症の発生を認めると、T細胞やB細胞に出動を促す感染症免疫の指令塔役です。がん細胞には、それほど反応しません。

「樹状細胞が、標的細胞の情報をT細胞に伝え、特定の標的細胞を傷害する特定のCTL(細胞を傷害するタイプのT細胞)を活性化させる」ということがよく言われています。実際に、ウイルス感染を認識した樹状細胞が、特定のウイルス感染細胞を標的とする特定のCTLを活性化させる現象が確認され、そのメカニズムの解明者らにノーベル賞が授与されています。ただし、特定のがん細胞を傷害する特定のCTLを、樹状細胞が誘導することは確認されていません。

がん治療には、がん免疫(腫瘍免疫)の主役である、NK細胞を用いるのが基本です。

免疫細胞の役割は、概ね決まっています。
がん退治の主役・・・NK細胞
ウイルス退治の主役 ・・・T細胞
菌退治の主役・・・B細胞(抗体をつくります)
感染症免疫の指令塔・・・樹状細胞

NK-T細胞や、γ/δT細胞というのもあります。
これらは、NK細胞とT細胞の中間的な性質を持つ、あるいは、NK的な性質をもつT細胞とも言えます。どちらも末梢血中に僅かしか存在しません。どちらの細胞も、活性が高ければ、がん細胞を傷害することは確認されています。

NK-T細胞については、NK細胞と似た性質をもちながら、かつNK細胞よりは培養が容易ですので、以前、私どもでも、治療メニューに加えることを検討しました。ところが、がんを攻撃するパワーは、NK細胞より遥かに劣り、また、免疫刺激作用が弱いのが弱点です。単独で用いれば、強い免疫抑制状態にある患者体内に戻した時点で、直ちに活性が落ち、役に立たなくなると考えられます。ANK療法と併用し、強力に免疫が刺激されている状況下なら援軍になる、と考えましたが、そのためにわざわざ培養コストをかけるのであれば、CTLという別の免疫細胞療法を併用するか、あるいは、もっとシンプルにANK療法の回数を増やした方が高い治療効果が得られる、と考え、治療メニュー化は見送りとしました。

γ/δT細胞もNK細胞と似た性質をもち、弱いながらもADCC活性、つまり抗体によって、がん細胞を攻撃する力が強まる性質を持つ可能性があります。(CD56というNK細胞が沢山もつレセプターがあり、このCD56が、抗体のFcフラグメントという部分に結合するのですが、γ/δT細胞にも、微弱ながらCD56を持つシグナルが検出されています。抗体に結合するから必ずADCC活性を持つという保証はありません。)但し、免疫刺激が弱いため、単独で用いるとNK-T細胞療法と同じく、患者体内の強い免疫抑制下で機能しなくなると考えられます。

なお、NK-T細胞は喘息、γ/δT細胞はリューマチ、いずれも自己免疫疾患の発症に関連していると考えられています。

他にも、死滅したがん細胞の残渣を食作用(文字通り、食べるように、細胞内に取り込んで、処理する)により、処分するマクロファージもいます。ただし、生きているがん細胞に対して、マクロファージは、あまり反応しません。

様々な免疫細胞の性質をまとめると、以下のようになります。

細胞の種類 がん傷害能力 がん認識センサー がん免疫刺激能 体内の細胞数 体内の役割 培養難易度
NK細胞 ☆☆☆☆☆ 多 種 大 量 1000億個 がん免疫 非常に難しい
T細胞 専用センサーなし (△) 1兆個 感染症免疫 容易
樹状細胞 (△) 感染症免疫 容易
NK-T細胞 ☆☆ 複数 少ない
γ/δT細胞 複数 少ない
マクロファージ (△) 膨大な数 感染症免疫 容易