TOP>こんなに違うANK療法

ANK療法は、国内で実施される他の免疫細胞療法と全く異なるものです。

ANK療法と一般の免疫細胞療法

がん細胞を傷害する能力が圧倒的に高いNK細胞を用い、培養する細胞数も桁違いに多く、活性が高いため、点滴の度に高熱など、顕著な免疫副反応があります。

様々な免疫細胞療法の違いを整理するには、
@まず主に用いる細胞の種類は何か
A次に治療強度はどうか

免疫治療といっても、漠然と免疫が上れば、とか、ただ白血球やリンパ球の数が増えれば、という曖昧なものではなく、がん細胞を傷害する能力が高い細胞を大量に用いることが重要です。
免疫細胞の中で、がん細胞を傷害するものは一部しかいません。ほとんどの免疫細胞は、感染症に対応するものであって、がん退治にはあまり役に立たないのです。
白血球の一部にリンパ球がいます。そのリンパ球の中に、がん細胞を傷害する能力が圧倒的に高いナチュラルキラー(NK)細胞が含まれています。私どもが提携する医療機関では、NK細胞の活性を高め、大量に増殖させて治療に用いるANK療法を有償にて提供しています。
また、リンパ球の一種にT細胞がいます。このT細胞の中にも、ごく稀に、特定のがん細胞だけを傷害するものがいます(個々のT細胞は、ほとんどのがん細胞を見向きもしません)。がん患者さんの体内のがん細胞と型が合う、ごくわずかしかいない特別なT細胞を大量増殖させる「CTL療法」も、提供しております。こちらは原則、無償です。(ANK療法を一定以上、受診される方で、他にもいくつか条件があります)

樹状細胞療法も技術的には提供可能なのですが、この細胞は、感染症防御の司令塔であり、がん細胞への反応は鈍く、現状では、がん治療に応用できるかどうか研究段階です。各大学等でも研究中ですが、今のところ、樹状細胞の機能によって、確実に「がん細胞を実際に傷害する」CTLを誘導できたとする報告は見あたりません。
免疫細胞療法の違いを整理する上で、まず、がん細胞を傷害する能力が高いNK細胞を用いているかどうかが、重要なポイントの一つになります。

  1. 「NK細胞」といっても、活性を高めて、数を揃えないと戦力になりません
  2. 培養が難しいNK細胞の代わりに他の細胞を用いる方法
  3. その他の免疫(細胞)療法との比較
  4. ANK療法の問題点