TOP>ブログ

2018年12月13日

  

えとせとら

オメガ=3 オイルの中でも人間の体に沢山あるDHAとEPA。 特に神経細胞にはたくさんDHAがあります。 油と糖質は燃料のように学校で教えられましたが、実際には私たちの体をつくっている重要素材です。 特に細胞をつくる細胞膜は油と糖質を中心にできており、これらが細胞の性質を大きく左右します。 DHAやEPAがないと細胞膜がごわごわしてしまい、逆にコレステロールがないと膜の強度不足となります。

 

私は違うのでは? と思っているのですが、DHAとEPAは海洋性プランクトンしか作れず、魚介類を食べないと摂取できないとされています。 ところが工業的に量産し、高純度に精製するとすぐ酸化されて有害な過酸化脂肪になってしまい、私自身もかつて世界中に供給する仕事をしていたのですが末端製品の品質は劣化する問題がありました。

 

では、最近大人気のさば缶はどうか。

 

これはいけてますね。

私も今朝はサバ缶を食べました。

 

 

まず精製していません。 サバをぶつ切りにしてそのままゴロンと缶詰に入っています。加工すればするほど、精製すればするほど酸化されやすくなりますので、シンプルにぶつ切が最適です。 加熱によってあっという間に酸化しますが、漁れたての魚をすばやく真空加熱すればある程度、品質は維持されます。もちろん真空といっても完全な真空はなく、水にも魚の身にも酸素はありますから完璧は望めませんが。 さば缶についてはビジネスで関与したことがありませんので実態とか、詳細条件は知りません。原理的にはいいところをついてますね、それ以上はわかりません。

 

缶詰特有の缶が腐食しないための内分泌攪乱剤の使用という問題はありますが栄養とらないとどうにもならないという面もあります。EPAやDHAを摂るにはいいやり方でしょう。あとは食べ方ですね。缶を開けて加熱したら元も子もありません。 温める程度でそのまま食べる、ですね。

 

ひと缶100円台で手に入ったサバ缶も人気急騰で1000円超えるのもありますが、動物性たんぱく質も取れるのでいい食品です。ただ毎日食べる気にはなりません。亜麻仁油は毎日でも少しずつとれるのでDHAやEPAではないものの腸内細菌が必要とするオメガ=3は摂れるのでこれはこれで常用食として有用と考えます。

2 / 73112345...102030...最後 »

>>全投稿記事一覧を見る