TOPANK療法の特徴>仕事を続けながら治療を受けることも可能

ANK療法を受けられる時点で、お仕事ができる状態の方であれば、週二回、発熱でお休みいただくという前提で、お仕事を続けられることも可能です。ANK療法の大きな問題点は、患者さんの費用負担ですが、ある程度以上の収入がある方の場合、仕事を続けられるかどうかも、重要な要素となります。放射線療法や化学療法の強度が強いものを受けられると、個人差はありますが、まず日常生活さえ困難になっていきますので、とても、お仕事を続けられるような状態ではなくなります。