TOPANK療法の特徴>分子標的薬を使える患者さんの場合

分子標的薬は、免疫と相性のいい医薬品ですが、「薬」ですから副作用がでることもあります。分子標的薬の処方は、使用実績が長いものを中心に、慎重に検討されます。