TOP免疫はがん治療の主役>LAK療法の誕生(アメリカ)

薬剤を体内に投与する方法は、やはり無理があります。リーダーのローゼンバーグ博士は、NK細胞を体外で培養すれば、体の恒常性のシステムの影響を受けずに、存分にNK細胞を増やせるのではないか、と考え、がん患者の血液を取り出し、インターロイキン2(IL−2)存在下で培養を試みました。今日の免疫細胞療法の始まりです。詳しくは、「免疫細胞療法の原点」をご覧ください。