TOP免疫はがん治療の主役>「がん」は免疫病

「免疫」は、がん治療を考える上での選択肢のひとつなのではありません。「免疫」を抜きに、がん治療を設計することは間違いです。がんを叩いても、がんを抑える免疫に打撃を与えてしまえば、がんは却って勢いを増します。

例えば、肺がんのケースで、抗がん剤の副作用により、間質性肺炎を発症することが大問題となり、一般メディアでも盛んに報道された時期がありました。「炎症」だから、ステロイドで抑えようとした医師が続出します。 結果、がん細胞の猛烈な増殖を招いてしまいます。がん患者さんに、強力な免疫抑制剤であるステロイドホルモンを投与すれば、がんにとっては、最大の敵である免疫が弱められる訳ですから、勢いを得るのは当たり前のことなのです。

また、臓器移植法案が成立した1997〜98年頃、国会で審議が繰り返されました。肝がんの治療として、生体肝移植を行う場合、「著しく再発リスクが低いと考えられる場合に限って、移植を認める」という条件がつけられました。臓器移植の場合、拒絶反応を防ぐために免疫抑制剤が投与されます。すると、免疫抑制効果により、がんの再発率が数十倍、高くなるのです。

「免疫を抑えれば、がんは猛烈に増殖する」、
「免疫を抑えれば、がんの再発率は跳ね上がる」、
これは国会で審議された法案の根拠にもされた、公知の事実なのです。