TOPがん治療の主役はNK細胞>世界初で、唯一

1990年代のはじめ、京都大学の研究者二人が、困難と言われ続けたNK細胞の本格培養に世界で初めて成功します。活性化と増殖、両方の意味を込めてAmplified(増強)Natural Killer自己リンパ球免疫療法(通称、ANK免疫細胞療法、もしくはANK療法)と名付けました。

血液中のリンパ球の層を分離採取し、残りの成分を体内に戻す手法は、米国LAKと同様です。患者様の血液5〜8リットル相当より、大量のNK細胞を集めます。

国内で実施される他の免疫細胞療法は、名称や説明は様々あるようでも、判で押したように、概ね、血液20~50ミリリットル程度を採血し、2週間、培養します。この条件では、T細胞が数千倍増え、NK細胞が若干増殖しますので(数倍〜数十倍)、培養細胞の中身はほぼT細胞になります。これを、「〇〇NK細胞療法」とか、「△△T細胞療法」などと称していますが、中身は同じものです。ANK療法の最大の技術的な特徴は、「NK細胞」を「活性を高めながら」、「選択的に増殖させる」ことですが、そもそも、採取時点のNK細胞数が、他の免疫細胞療法よりも、数百倍レベルで多いのです。

他の免疫細胞療法との違いを、よく質問されますが、培養している細胞が本命のNK細胞であり、しかも活性も数も桁が違うのです。そして、原則3週間かけて増殖させ、1クールという単位で、米国LAK療法(血液、数十リットル、但し、増殖はさせない)を上回るNK活性とNK細胞数となります。これを一度に体内に戻すのは危険ですので、週2回ずつ、12回に分けて点滴で体内に戻します。一回の点滴の治療強度を、クリニックレベルの通院治療が可能なように、免疫副反応として40度前後の発熱にコントロールしているのが大きな特徴です。リンパ球を分離、培養しておき、手術や抗がん剤により、がん細胞の総数を減らした後から、凍結保管しておいたNK細胞を融解し、再培養後に治療するということも可能です。

米国LAKにおいては大きな腫瘍が一度に壊死を起こすことがあったため、治療はICUを占拠し続け、体液コントロールを行いながら実施されました。一度に大量のがん細胞が死んでしまうと、細胞内のカリウムやリンなどが大量放出され、心停止や腎機能障害のリスクがあります。ANK療法1クールは、米国LAKよりもNK細胞の活性・細胞数ともに上回るため、一度に点滴で体内に戻すと、大きな腫瘍が一気に壊死を起こす可能性があります。そこで、週2回ずつ12回に分散投与することで、一回の点滴ごとの安全性を確保しているのです。

ANK療法の成功のあと、かつてLAK療法の大規模臨床試験を実施したNIHのグループをはじめ、世界各地で、NK細胞の培養技術の開発が再開されています。残念ながら、いずれも、偏った刺激や選別を行ってしまうため、野生型のNK細胞の特徴である、如何なるがん細胞でも傷害するという本来の能力を失ってしまったNK細胞集団となっています。どうしても攻撃できないタイプのがん細胞が存在する上、活性もそれほど高いものではなく、がん治療に用いても、LAK療法のような効果が見られません。

転換期を迎えた欧米のがん治療 >

ANK療法の治療設計は、他の免疫(細胞)療法とは大きく異なります。
先ずは、資料請求もしくは、下記へご連絡ください。

◆お問い合わせ受付時間
平日 9:30〜16:30
上記時間外は留守番電話にて承ります。

ANK療法は医療行為ですので、治療をお申込いただくには、必ず、ANK療法を実施可能な医療機関にて、ご面談をいただく必要がございます。ANK療法担当医とのご面談は、早ければ早いほど、治療の選択肢が多くなります。

このサイトでは、免疫細胞療法の考え方、ANK療法の原理、標準治療や他の免疫細胞療法との違い、などを説明させていただいております。ANK療法を受けようとお考えの方で、「具体的に、どうすればいいのか」をお知りになりたい方は、ANK免疫細胞療法・治療の流れをご覧ください。