TOPがん治療の主役はNK細胞>NK細胞の培養は難しい

NK細胞を活性化したり、増殖させたりする方法はいくつも知られています。ところが、活性を高めたNK細胞は増殖を始めると、数日以内に速やかに活性が下がり、2週間の培養後は、ほぼ、がん細胞を攻撃しなくなります。また、培養中、一度に死んでしまうこともあります。

実用的なNK細胞の培養は困難を極めました。そのため、培養が容易なT細胞や樹状細胞を用いる免疫細胞療法が普及します。また、NK細胞を活性が低いまま少量だけ用いるものも普及します。いずれも、ほぼ副作用はないマイルドなもので、免疫抑制の克服を目指すというより、多少でもQOLの改善や延命を狙うことが目的として行われています。

世界初で、唯一 >

ANK療法の治療設計は、他の免疫(細胞)療法とは大きく異なります。
先ずは、資料請求もしくは、下記へご連絡ください。

◆お問い合わせ受付時間
平日 9:30〜16:30
上記時間外は留守番電話にて承ります。

ANK療法は医療行為ですので、治療をお申込いただくには、必ず、ANK療法を実施可能な医療機関にて、ご面談をいただく必要がございます。ANK療法担当医とのご面談は、早ければ早いほど、治療の選択肢が多くなります。

このサイトでは、免疫細胞療法の考え方、ANK療法の原理、標準治療や他の免疫細胞療法との違い、などを説明させていただいております。ANK療法を受けようとお考えの方で、「具体的に、どうすればいいのか」をお知りになりたい方は、ANK免疫細胞療法・治療の流れをご覧ください。