TOPがん治療の主役はNK細胞>がん退治の本命、NK細胞

免疫細胞療法は、1970年代から小規模な臨床研究が始まりました。免疫細胞であるT細胞の中に、ごく僅かながら、特定のがん細胞だけを攻撃するCTLが含まれることはわかっていました。ところが、攻撃力が弱く、しかも、がん細胞の性質が少しでも変化すると見向きもしません。頻繁に細胞表面の性質が変化するがん細胞を最後まで追い詰めるには役不足です。CTLのほとんどは、がん細胞を攻撃しません。また多くが正常細胞も攻撃しますので、CTLをがん治療に用いるには、役に立つものだけを大量増殖させる必要があります。

1973年、古くから知られ、様々な名称でよばれていた細胞を、樹状細胞という名前で呼ぶことに統一され、感染症防御における司令塔的な役割の解明が進みました。樹状細胞が、細菌やウイルスを認識する優れたセンサー群をもち、感染症をいち早く認識すること、ウイルス感染に際しては、「ウイルス感染細胞を傷害するCTL」を誘導することなどがわかり、一連の研究にノーベル賞が授与されました。そこで、樹状細胞に、「がん細胞を傷害するCTL」を誘導させることができれば、がん治療に使える可能性があるかもしれないということで、盛んに研究されています。ところが、樹状細胞には、がん細胞を認識するセンサーはなく、また、今のところ、がん細胞を傷害するCTLを誘導できることは確認されていません。やはり、感染症防御の司令塔細胞を、がん治療に転用させるのは無理があります。がん退治には不向きな面が多く、まだまだ、本命探しが続きます。

1975年、健康な人の血液に免疫刺激を加えてからがん細胞を混ぜると、直ちにがん細胞が傷害される現象が発見されました。血液の中から、学習を必要とせず、如何なる種類のがん細胞であっても、遭遇すると直ちに攻撃する細胞がみつかったのです。自然免疫に属する殺し屋細胞、「生まれながらの殺し屋」ナチュラルキラー(NK)細胞の発見です。NK細胞というのは、最初から、がんを傷害する能力が圧倒的に高い細胞として発見され、その性質の通りに付けられた名前なのです。

数々の免疫療法の前に立ち塞がった分厚い壁:免疫抑制 >

ANK療法の治療設計は、他の免疫(細胞)療法とは大きく異なります。
先ずは、資料請求もしくは、下記へご連絡ください。

◆お問い合わせ受付時間
平日 9:30〜16:30
上記時間外は留守番電話にて承ります。

ANK療法は医療行為ですので、治療をお申込いただくには、必ず、ANK療法を実施可能な医療機関にて、ご面談をいただく必要がございます。ANK療法担当医とのご面談は、早ければ早いほど、治療の選択肢が多くなります。

このサイトでは、免疫細胞療法の考え方、ANK療法の原理、標準治療や他の免疫細胞療法との違い、などを説明させていただいております。ANK療法を受けようとお考えの方で、「具体的に、どうすればいいのか」をお知りになりたい方は、ANK免疫細胞療法・治療の流れをご覧ください。