TOPがん治療の主役はNK細胞>標準治療や重粒子線療法の課題は再発・転移を征圧できないこと

免疫細胞療法が注目される背景には、健康保険が適用になる標準治療をはじめ、先進医療制度が適用になる重粒子線療法などでは、進行がんを征圧できないという現実があります。大きな塊を一度に取り去ったり、消滅させることができるのが最大の特徴ですが、再発や転移となるとお手上げ状態なのです。

たとえば、再発までの期間が短い胃がんの場合、発生した部位に留まる「大人しい」限局性のがんであれば、5年相対生存率は95%に達します。ところが、「遠隔転移」を伴うと5年相対生存率は3%程度に過ぎません。つまり、「飛び散らない」がんであれば、手術によって除去すれば根治となります。ところが、方々へ「飛び散る」タイプのがんの場合、手術、放射線、重粒子線療法のような局所療法(狙った部位だけ除去)だけでは、征圧できません。局所療法で局所にとどまらない病気を抑え込めないのは当然のことです。しかも、局所療法を行うと、飛び散っているがん細胞が急激に増殖する傾向があります。そのため、転移が見つかっている場合などは、手術や重粒子線療法は最初から適用不可となるのが一般的です。

一方、全身療法である各種抗がん剤は、急激に増殖中のがんに打撃を与え、ざっくりとがん細胞の数を「減らす」ことは得意です。ところが、一部の例外をのぞいて必ず「薬剤耐性」を招き、薬が効かなくなる時がきます。そうなると、薬の副作用により、免疫力が低下した体内で、がん細胞は猛然と反撃に転じます。免疫を建て直した状態で治療を終えない限り、たとえわずかでも生き残ったがん細胞がいると、再発・転移に至ります。

がん退治の本命、NK細胞 >

ANK療法の治療設計は、他の免疫(細胞)療法とは大きく異なります。
先ずは、資料請求もしくは、下記へご連絡ください。

◆お問い合わせ受付時間
平日 9:30〜16:30
上記時間外は留守番電話にて承ります。

ANK療法は医療行為ですので、治療をお申込いただくには、必ず、ANK療法を実施可能な医療機関にて、ご面談をいただく必要がございます。ANK療法担当医とのご面談は、早ければ早いほど、治療の選択肢が多くなります。

このサイトでは、免疫細胞療法の考え方、ANK療法の原理、標準治療や他の免疫細胞療法との違い、などを説明させていただいております。ANK療法を受けようとお考えの方で、「具体的に、どうすればいいのか」をお知りになりたい方は、ANK免疫細胞療法・治療の流れをご覧ください。