TOP樹状細胞について>免疫細胞療法の原点 何故、体外培養なのか

がん患者体内は、強い免疫抑制状態にあり、体内に存在する大量のがん細胞を目の前にして、免疫系が攻撃できない状況に陥っています。だからこそ、免疫抑制の影響を受けにくい体外において、免疫細胞を強く活性化し、強力な戦闘細胞としてから、体内に戻すのです。それが、米国国立衛生研究所NIHが確立した「免疫細胞療法の原点」です。

樹状細胞療法は、強い免疫抑制下にある体内において、キラーT細胞に、がん細胞の情報を与え、CTL化すると、標榜しています。元々、体内に大量に存在するがん細胞に対して反応できない免疫系に、がんの情報を与えて、何が起こるでしょうか。
必要なのは、がん細胞の情報ではありません。そのようなものは、免疫細胞の目の前にゴロゴロ転がっているのです。必要なのは、免疫抑制を跳ね返す「免疫刺激」です。
それは、「コーリーの毒」以来、免疫療法の大原則であり、また、ウイルス感染症防止に用いられるワクチンにおいても、免疫状態を活性化するアジュバンドが使用されることからもあきらかです。(実際にウイルスに感染させる生ワクチンでない限り、抗原だけを投与しても、ワクチンにはなりません。必ず、強力な免疫刺激効果を発揮するアジュバンドを加える必要があります。効果の高いアジュバンドは、一般に、刺激が強い危険なものです

【まとめ】

元々がんを認識攻撃するのが本職のNK細胞を、そのまま素直にがん治療に用いることは、自然の摂理にかなっていると考えます。一方、本来がん細胞を攻撃することを主任務としていない獲得免疫系の細胞群を、がん攻撃に仕向けるのは、越えるべきハードルの次元がまるで異なります。