TOP>標準治療とANK免疫細胞療法の併用

ANK療法は、標準治療の中でも、分子標的薬とは相性がよく、同時併用が推奨されます。
分子標的薬との併用をご覧ください。(分子標的薬は、使える方とそうでない方がいらっしゃり、事前検査が必要です。また、ANK療法実施医療機関の中には、処方しないところもあります。)

また、ホルモン療法のように、免疫系に対し、打撃を与えないものや、免疫賦活剤のように、むしろ、免疫系を刺激するものなども、併用可能です。抗がん剤といっても、免疫系をはじめとする正常細胞に大きな打撃を与える化学療法剤もあれば、免疫系に中立なもの、免疫系を刺激するものもあります。

化学療法剤とANK療法の同時併用は推奨されません。

化学療法剤は、正常細胞の遺伝子にも傷をつけます。

そのため、化学療法剤投与直後は、一時的に異常細胞と化した正常細胞を、NK細胞が攻撃する可能性があります。実際、異常化した肝臓細胞を、ANK細胞が攻撃したため、肝機能検査の数値が上昇し(肝機能検査は、肝臓の機能を測定するものではなく、肝臓細胞中に特に多く存在する酵素活性が、血液の中に溶出するもの、つまり肝臓細胞が破壊されている度合を測定するものです)、化学療法剤を処方する医師が驚いたこともあります。

化学療法剤の種類にもよりますが、一般に、投与後、数日間、間をあけるまで、ANK療法の点滴は行わないことが推奨されます。

標準治療には弊害はあるものの、大きな腫瘍組織に対する外科手術や放射線、重粒子線、また、増殖の活発ながんに対する化学療法剤の、初期の打撃力は絶大です。

一方、ANK療法では、がん細胞を一つずつ破壊していくため、相手が大軍であったり、ANK療法により、破壊するがん細胞よりも、増殖するがん細胞の数が上回ったりすると、がんの勢いに押されてしまいます。

そこで、標準治療により、がん細胞の総数をある程度、減らし、後からANK療法を実施することは、費用対効果の改善につながります。

手術不能例で、危険な部位に浸潤している腫瘍組織をANK療法で小さくしてから、手術をする、ということもありますが、基本は、先に標準治療 後から ANK療法です。

ANK療法を実施後に、放射線療法や化学療法を実施すると、免疫力が打撃を受け、低下した状態で治療を終えることになり、再発や転移の可能性が高くなると考えられます。最後の詰めは、がん細胞を全滅に追い込める正確ながん認識能力をもつNK細胞を用い、かつ、残ったがん細胞の増殖を抑えるだけの免疫レベルを回復した状態で治療を終えることが推奨されます。

但し、標準治療とANK療法を併用する場合、標準治療により打撃を受ける前に、リンパ球を採取し、標準治療実施中に、ANKの培養を行うことが望ましいです。

重要なことは、先ず、ANK担当医を含めた、関係する全ての医師と事前に治療設計について相談する、ということです。何かをやって、駄目だから、次をやる、という泥縄式は、最適な治療の組み合わせを選択する機会を失い、費用ばかりかかって、症状を悪化させるだけです。納得の上で、治療設計を組み立てれば、あとは、迅速に迷わず方針を貫くのが、治療効果を最大限に引き出す途と考えます。

次のページでは、非常に単純化したモデルで説明します。