TOP免疫細胞療法の原点>免疫(細胞)療法の原則

  1. 免疫抑制の影響が弱い患者さんの体外における培養により、がん細胞を傷害する十分な活性をもったキラー細胞を十分な数だけ揃え
  2. 患者さんの体内の免疫抑制を打破する強い免疫刺激を加える

 以上、二つの要素を満たすことが必須です。

樹状細胞療法や、がんワクチンは、免疫抑制が非常に強い患者体内でキラーT細胞をCTL化する免疫応答を目指すものであり、免疫(細胞)療法の原則を逸脱しています。